南西フォーラム開催情報 / 開催報告

第3回  ロボットビジネス研究会

日付:平成26年2月5日(水)18:00 - 20:30(開場17:30)
対象:相模原市周辺の「ものづくり企業」様
費用:無料
定員:50名程度
会場:ユニコムプラザ セミナールーム1
   相模原市南区相模大野3丁目3番2号 bono相模大野サウスモール3階
   ※お車でお越しの方は施設駐車場(有料)をご利用下さい。

第1部 講師 神奈川工科大学 特命教授 山本 圭治郎 氏

【講演テーマ】
「パワーアシストハンドの研究と中小企業との共同研究について」
介護は重労働であり腰を痛めるケースが多く、機械による介護システムの実現が急務であるが、ロボットなどのいわゆる「機械」による介護は患者の感性を満たさず、加えて、ロボットの安全性の問題が残り不安感が消えない。そこで、現実的な解決方法として、介護する人を助ける「介護者を力持ちにする」パワーアシストスーツの開発が必須となる。
本セミナーでは、パワーアシストハンドの研究や中小企業との共同研究の現状をご説明いただきます。

 

第2部 講師 公益財団法人テクノエイド協会 企画部次長 五島 清国 氏

【講演テーマ】
「福祉用具・介護ロボットの実用化状況と新規参入可能性を探る」
 テクノエイド協会では、福祉用具情報システムTAISの運営や、経済産業省の「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」の事務局として中小企業によるロボット介護機器の開発と実証試験を支援するなど、福祉介護機器の分野において豊富な実績を有している。
本セミナーでは、中小企業が介護機器を開発する際に注意するべきポイントや福祉用具・介護ロボットの実用化状況と新規参入可能性等について、国の施策情報も交えてご説明いただきます。

詳細PDFのダウンロード
申込フォームはこちら